日焼け後のスキンケア

夏になると日焼け止めはスキンケアの必須アイテムです。と、いうより厳密に言えばほぼ一年中紫外線対策は必要なのですが、夏は特に日差しも強くてレジャーも多い季節なので二重三重の紫外線対策が必要。日傘やサングラスと共に日焼け止めもしっかり使っていきたいところです。

特にアレルギー肌や敏感肌の方はより一層の注意が必要です。

ところが夏場のレジャーときたら解放感もずば抜けているせいか、ついつい気が緩んでしまうことも多いものです。2~3時間ごとに塗りなおさければならないはずの日焼け止めも、忘れてたならまだしも「まいっか」なんてまさかのスルーもあり得る危機感のなさ。

そして帰宅後に気づくんですよね。自分がしでかしてしまったことに。しかし時すでに遅し、すでに紫外線はしっかり肌に影響を及ぼしているわけです。

日焼けはやけどと同じ状態なので、焦って美白ケア用の化粧水などをつけると刺激が強すぎてかえって悪影響な場合も。冷却と保湿を頻繁にするのがベストです。

そして避けたいのは更なる日焼けです。ダメージを受けた肌を更に酷使すればどうなるかは想像にかたくないですよね。できるだけいたわって、楽しい時間と引き換えにシミシワ肌荒れに悩まされることのないように気を付けておきたいですね。