典型的なおばさん体型から脱皮したい

体重は標準かむしろ少ないくらいなのにお腹だけブヨブヨと出っ張りまるで浮き輪です。

若い頃はおばさんの後姿を見るたびに、どうしてあんなに四角いのかと不思議でした。でも今は、全くくびれが無いせいだということが自分の姿を見ればわかります。

苦しいのが嫌でウエストゴムのボトムスを履き、体型を誤魔化すために腰丈のチュニックを愛用していると益々お腹周りだけ成長してしまいました。

私のお腹の出っ張りは加齢のせいもありますが運動不足と姿勢の悪さが大きな要因だと思います。腹筋力、背筋力が無いブヨブヨの贅肉では背筋がシャンと伸びません。

そして、背中が丸くなるとどんどんお腹に脂肪が付くという悪循環です。筋力の無さは格好の良し悪しだけでなく、将来的に腰痛や膝痛を引き起こしかねません。

さすがに心配になりお腹にグッと力を入れる簡単な運動を始めました。今流行のスレンダートーンも買っちゃいました。スレンダートーン 効果が表れるのはずっと先だと思いますが、新たな心配ごともできました。

それは、お腹を引っ込めると余った皮膚がたるんでシワッシワで醜いことです。うまくくびれが作れたら皮膚も合わせて縮んでくれると良いののですが、伸びたままだと困ります。ザリガニのように皮膚ごと脱皮したい気持ちですが、とりあえず頑張ってはみます。

運動前にはコーヒーを

英コヴェントリー大学の研究で、【運動前にカフェインをとると効果がある】とする科学的な根拠を解明しています。

13名のアスリートを対象とした調査ではカフェイン入りの飲み物を摂った人のほうが、そうでない人に比べて、長い時間運動に取り組んだという結果が出たとのこと。

要するにカフェインを少し摂るとつらい状況にもより長く耐えられ、通常だと疲れが出始めるときでも、集中力をキープできるそうなんです。しかしカフェインによって、ヒトがより長く激しい運動ができるようになるメカニズムは、まだまだ十分に解明されていませんが、カフェインには筋肉でのアデノシンの生成を抑える働きがあるのではないかと見られています。

アデノシンとは筋肉の力を発揮しづらくする化学物質です。どれだけのカフェインを摂れば、望ましい効果が得られるか? などの不明な点は残されているものの、カフェインが運動にもたらすポジティブな作用は利用する価値アリかもしれませんね。